右の写真の左上
シーフードサラダ
写真では分かりませんが
シーフードが重ねてあり
繊細なドレッシング
美味でした


右の写真の左下 炊合せ
中味は下の写真

back
ホーム

粟津温泉 のとや

応長元年(1311年)創業とのこと、当時はどのような形だったのでしょう。


以来698年、自家源泉が地下5メートルからコンコンとわき続けているそうです。



昔からの建物



新しい建物
右の方に伸びています


全65室
久し振りの大きな宿です

左 朝食 割にシンプル 味噌汁には蟹が

夜も朝も漬物が旨い


最近 大きな宿を避けていました
が 久し振りに泊まると
それはそれで良いところがあると思いました

「のとや」は様々な面で
相当努力していると感じます
特に料金面では色々なプランを作り
頑張っているのではないでしょうか

今回は 「べにや」とタイアップした
二館連泊四食プランというものを利用しました
(なので それぞれの取り分は分かりません)

何れにせよ、客は好対照の二館で過ごし
とても満足した旅でした

上の写真 じわもん蒸篭 「じわもん」とは地元のもの
小さいけれとアワビが美味でした
この料理は一言で言うと豪快です



       食後 宿のマイクロバスで蛍を見に行きました
       下の写真 フラッシュをたくと蛍は写りません
       下右の写真 微かに蛍の光が・・・
       実に久し振りにかなりの数の蛍を見ました

なかなかにしゃれたお部屋です。
手前の部屋で食事、
奥の部屋に布団が敷かれました。
大きな薄型液晶テレビが光っています。

冷たいマンゴープリンにちょっと感動。

お風呂は
中に 巨大な浴槽が一つ 気泡湯 サウナ
外に 小さな浴槽 丸いジェット湯 飲泉場

中は湯気でムンムンしています
強制的な換気が必要でしょう

夕方は団体客と一緒になり大混雑
湯船の広さは十分なのですが 洗い場が不足していました
夜と朝は人が少なくノンビリできました

人が少ない時 風呂の縁をながめていたら
この巨大な風呂からお湯が少しずつオーバーフロウしています

女湯はもっと大きく設備も充実しているそうです
風呂上りのフルーツまであったとのこと

この宿 お風呂だけではなく
女性向けのサービスに力を入れています