阿知須温泉 てしま旅館

    歴史と外観はブログへ(こちら

ホーム
back

   加賀棒茶とシフォンケーキ


左の写真:フロント
  階段を上がると二階に六つの客室


中央の写真:ロビー
 

料理はとても手の込んだもので一つ一つ丁寧に作られている
味付けは酒を飲まない人には濃すぎるかもしれない

運ばれてくるたびに細かい説明があったが記憶に残らなかった
メニューを用意すべきではないか

全てが出るまでに二時間以上かかった
ちょっとかかり過ぎ

左のミニおむすびは夜食として部屋に届けられた(夕食時に希望を聞かれる)

朝食は洋食を選択
それぞれの量が多い

飲み物はロビーで


一泊二食、17,950円。
お湯は、気持ちのいいものだったが、温泉らしいものではなかった。
部屋は、確かに洒落てはいるが、
リニューアルからの時間の経過を感じさせるところがあり、
また、実用性という点での考慮が必要だと思った。
ロケーションは、田舎というところはいいが、
近くをJR山陽線が走っていて、結構音が聞こえる。
特に、夜の貨物列車は響いた。


最近、旅館業だけではなく、食品部門へも進出していて、
面白い名前の商品を作っている、後日ブログで。

食事は左の食事処で
テーブルが左右に二つ
前後に四列
左右の仕切りなし
前後は写真に写っている布

二階に上がってすぐの
蘇芳(すおう)という和室

お風呂:常に湯気がこもっていてハッキリした写真が撮れず        ロビーからお風呂へ 突き当たりの暖簾のところ     お風呂に行く途中の右側 番頭’Sバー