宮浜温泉 石亭

ホーム

湯上がりにはラウンジで飲み物のサービス。
ちっちゃなグラスに生ビール、広島の地酒8種類の利き酒。

食事はお部屋。

翌朝のお風呂は男女交代。こちらの方が広い。
脱衣所から出ると、露天風呂のような浴槽は囲いがあります。
その向こうに露天風呂、突き当たりに内風呂。

朝は、ラウンジで珈琲とリンゴジュース、トマトジュースのサービス。

朝食もお部屋。ここへもリンゴジュース。

左上、紙に包まれているのは海苔。
穴子釜炊きご飯、さすがの旨さ。

右は、夜食のお汁粉。

広縁でお菓子を頂きます。わらび餅とアイスクリームです。

一息ついてお庭へ。
思っていたほど広くはありませんが、立派なお庭です。
庭の周りには、宿泊のための離れのほか、
本が置いてある図書室のようなスペースや
広々とした音楽が聴けるスペースもあります。

そしてお風呂へ。
泊まっている人は結構居たはずなのに、貸し切り状態でした。
内湯と露天、遠くは見えませんが、気持ちのいいお湯です。

ロビーもその前のスペースも趣があります。

帰りがけ、お守りを貰いました。中味はのど飴です。

温泉はまあ普通でしょうが、料理に感動しました。
我が家から30分程度で行けます。また何かの記念日に。

この造りは二人前。
湯飲みのようなものにぶら下がっているのは烏賊。

お酒は、
利き酒で選んだ
華鳩。
ネットの
早期予約で
お酒のプレゼント
があり、
旨かったので
それにも
これを選択。
感想はこちら

泊まってみたいと思いながら、幾星霜。今回やっと思い立ちました。
半年以上温泉にご無沙汰ということで、記念日に託けていきました。
老松という離れを狙っていたのですが、空いていないので、
その南隣の苔石(こせき)にしました。
帰る時ちょうど、老松が清掃中だったので、
頼んで、中を見せて貰いました。苔石の方がいい感じです。
左が苔石の主室、上が広縁、その右奥に見えているのが書斎。
下が書斎の中、ソファーに座るとガラス戸越しに浴室が見えます。

back