料理旅館 江戸三

江戸三の環境についてはブログにも書きました(こちら)。
上の写真、ブログと同じものですが、見やすいように、大きくしました。
左端が、太鼓という離れ、宿のパンフレットなどによく出ています。
中央、我々が泊まった、魚鼓(ぎょく)と帳場。右端が、影向(ようごう)。
春日大社参道からは見えない方にも離れが点在。
右の写真、銅鑼(どら)。右下、多分、左が鉦鼓(しょうこ)、右が鈴。
下も恐らくですが、縁由(えんゆ)。離れの名前は、電話がない時代、
係を呼ぶために鳴らしたものに由来するそうです。

さすがに美味しい料理でした、が、献立表がありません。
こういう料亭、献立表がないことが多いような気がします。
丁寧な説明はありますが、すぐ忘れてしまいます。

上、泊まった、魚鼓。右、玄関の横に、名前の由来の魚鼓。
完全に木造建築、夜は昔ながらの雨戸を閉めます。
窓からは、奈良公園、春日大社参道、そして、鹿さんが見えます。
洗面所、トイレ(ウォシュレット)はとてもきれい、空気清浄機付きです。
お風呂は別棟、この離れの隣にあります。貸切風呂が二つ。

朝食も美味しく、たっぷり頂きました。
中央の蓋付き容器には、海苔、
右の蓋を開け忘れたものには、
大きなだし巻き玉子、が入っています。

チェックイン後、車を置いて徒歩でウロチョロ、
チェックアウト後も駐車可とのこと、
歩いてあちこち、とても便利で助かりました。

オフシーズン平日宿泊プランで、
通常より2000円安い、16000円。
奈良を満喫できました。

右、鮎そうめん。


左、イサキ。






以下、
写真を見ても、
何だったか
思い出せません。

back
ホーム