おごと温泉 湯元館 はなれ葭蘆葦 hanare KAROI

ホーム
back

宿全体についてはブログの方に(こちら)。

  ↑
 旬菜

←吸い物

 造り→

 地の名産→

←箸休め

朝食後もお風呂へ。まず、西館二階の、回遊大浴場、を覗きました。
入った所が右上の写真。狭いと思ったら、細い通路が、上の写真。
通路の奧が右の写真。サウナやジェットバスなど。
これは温泉というより、スーパー銭湯かな、見学だけで移動。

南館8階の展望大浴場、この日は、山望の湯、が男性。
明るく、いい景色、さらに、独り占め、快適な最後の入浴でした。
黄砂がなければ、比叡の山並みが見えたのでしょう。
近くに住宅が多く、非日常感が薄れるのが欠点?
下の写真、浴室の奧から、その右下の写真、入口の方から。

夕食の時、朝食の魚を、カマス、カレイ、鯛、ハタハタ、から選択。
六人のバラバラの注文を、係の若い女性はさり気なく覚えていました。
朝食のメニュー表、珍しいですね。
食事場所は夕食と同じですが、違った感じです。

夜、お風呂へ。

南館8階、眺望大浴場。
湖望の湯と山望の湯が日替わりで男女交代。

この日、男が湖望の湯。琵琶湖の向こうの街明かりが見えました。

翌朝、葭蘆葦11階、月心の湯へ。
さすがにいい眺めです。
黄砂で遠くは見えませんが。

気持ちのいい柔らかな泉質、色々な景色を眺められるお風呂、
素材の良さを生かしながら工夫された料理、
細かい心配りのある施設設備、しっかり教育されているスタッフ、
なかなかいい宿です。

これで、二万円ちょっと、満足しました。


←デザート
  三人分

 ↑
 旬の物


 季節の物→



←ご飯を炊いた
  土釜

食事は、3階の料亭、湘月。

6人の団体、二部屋に。半露天風呂がついています。

まずお風呂へ。南館5階の露天、湯幻逍遙(とうげんしょうよう)と、
葭蘆葦11階の露天、月心の湯、とが日替わりで男女交代。
この日は、男が5階のお風呂。右の写真、奧の右の方に行くと、
岩のトンネルを潜って、下の写真のところに出ます。