暖炉で火が焚かれ、外の寒さが感じられません。
セルフですが、飲み物もあります。

客は私以外、老夫婦と若い夫婦、計5人です。

クラシック中心ですが、
ジャズがあり、なんと、ディック・ミネもあり、
極めつけは、右のレコード、
女性バスガイドによる、七五調の別府地獄案内、
楽しい時間でした。

やはり、レコードの音は最高です。
お願いして、空回りの音も聞かせてもらいました。

朝食は、夕食と同じところ。
最初に飲み物、数種類から選びます。

奥さんは和食です。

back
ホーム

湯布院温泉 亀の井別荘

美しい雪景色の中に到着。

まずはロビー長椅子ででお茶、柚子のお菓子。

蕎麦は、メニューにないオマケ。
いずれも真っ当な美味しい料理でした。



夜、談話室で、SPレコード鑑賞会があるとのこと、行きました。

宿泊は、
本館の洋室。

途中に休息所。
(左の写真)

廊下には
本棚。
色んな本が一杯。


お部屋は
充分な広さ、
快適です。

お部屋にも温泉がひいてあります。
が、まずは、大きなお風呂へ。

屋根のあるところを歩いて行けます。

立派な脱衣所、貸切だったので、写真を撮りました。

内湯は湯気が籠もって
鮮明な写真は撮れませんでした。

下の写真の右手が内湯。

露天は雪見風呂、快適。
湯舟にお酒でも浮かんでいれば、
云うことなし、だったでしょう。

食事は、本館にある、ガーデンレストラン、螢火園、です。

チェックアウトは11時。ゆっくりお風呂には入れます。男女入れ替え、また脱衣所を撮りました、立派な天井の梁を入れて。

由布院御三家の一つ、確かにいい宿です。
ただ、料金に見合うかというと、ちょっと微妙です。
例えば、欠点はありません、
が、良いところはというと、特にこれというものがないのです。
 (SPレコードコンサートはよかった)
凡人には判りませんが、
それがいい宿なのかもしれません。
機会があれば、離れの和室に泊まってみようと思います。




山荘無量塔は恐れ多いので、
せめて、Tan’s Bar と思い訪問、
感動して、後日思い切って、山荘無量塔に宿泊。
その日に、天井桟敷を訪問、
今回、亀の井別荘に宿泊。
この日、ティールームニコルを訪問、
いつの日にか、玉の湯へ・・・


こちらは、露天に湯舟が二つ、一つは屋根無し。
内湯は同じようなつくりです。

長椅子の右手に
小さなテーブル。
間にあるのが、
梅酒。
後刻、
風呂上がりに、
ここで一杯
頂きました。

フロントの横にも、
小部屋。
(右の写真)

パンの追加、
新たなジャムが
出て来ました。


果物は
和洋共通。

私は洋食。