鷹の庄

back
ホーム

阿蘇内牧温泉の外れ、
大観望への登り口辺りにあります。


門の中に止まっている車は
宿泊者への貸し出し用だそうです。



奥の暖簾が見えるのが本館。
下の二枚、本館の内部。

左の水車の向こうに湧き水があり、
汲んで帰りました。
クセのない水で、
この日、車の中で飲みました。




この内容で、二万円を切る料金、
いい宿だと思います。

ただ、ここで驚いたのは、
着いた時も、出発する時も、
本館フロントでの対応だけ、
お出迎えも、お見送りもなし、
荷物も運ぼうとしません。
まあ、そんなことはして貰わなくても
いっこうに構わないのですが、
ちょっとビックリしました。


上、黒塗りのお盆、ではなくて、
重箱のようになっています。
この様な仕掛けは楽しいですね。

全部を広げると、左のようになります。

朝からたくさん頂きました。

上、道路から見たコーヒーラウンジ。左に宿の門があります。
右と下、コーヒーラウンジの中。 右下、そこからの眺め。

左上、牡丹鍋。


最後は、おじやに。
美味しう御座いました。








朝はまずコーヒーラウンジへ。
池の向こう、道路の近くです。

山女魚の田楽焼き、写真撮り忘れ、
左、宿のHPから借用(お許しを)。

左下、柚子釜射込み、
下、その中身、蕪や里芋、美味。

サーモン雪月花盛。崩すと下のように。

左、大浴場。

夕方と朝、二度漬かりましたが、貸し切りでした。
この日駐車場に車が六台、
まあ、それぞれの離れに立派なお風呂があるので、
わざわざ外に行くこともないのかもしれません。


さて、食事です。

左上、和室。   上、ベッドルーム。
左、和室の右に洗面所、洗面所の右にトイレ、左にお風呂。
下、そのお風呂、三人ぐらいはゆっくり入れそう。

食事は専用の個室でします。
外には飲み物や卵が置いてあります。手前の、いかにも牛乳が入っていますという容器、本当に美味しい牛乳でした。

右上、本館を出た所。左の建物が大浴場、中央が宿泊した三の庄。
上、三の庄の玄関。  下右、玄関から中、和室が見える。
下、和室から見える、玄関、ベッドルーム。

蕎麦米蒸し雪見餡。掻き混ぜると、下。