さくらさくら温泉

back
ホーム

HPで見ても、現地に行っても、さくらさくら温泉の全体像がよく判りません。さくら館本館(七室)があり、別館(十四室)があり、さくらの村というコテージ五棟、きりしまというカナディアンログハウス三棟、さらに、さくらのお宿という和風一戸建て九棟、などなど。チェックインしたのが本館、泊まったのは別館、お風呂はさくら湯、食事はさくら庵、これだけは判りました。

下、内湯。右、内湯から出た所にある、露天風呂。右下、露天風呂を反対側から撮ったもの。その写真の右下にあるのが、源泉の泥湯から取り出した泥、泥パックに使います。顔に塗った場合は、乾くまでお湯に浸かることが出来ます。体に塗った時は、傍にある丸太の椅子に座って乾くのを待たなければいけません。勇猛果敢に挑戦しました、充分暖まってからやったのですが、時々風が吹いて大変でした。努力の甲斐があったのか、よく判りませんでした。

湯舟たくさん、
朝で人が少ない、
で、ノンビリ入ることが出来ました。

上左の湯舟は、
左の右端にちょっと写っている湯舟です。
冷たい。


温泉のお湯は申し分ありません。
とても気持ちのいいものです。
泥が含まれているので、
ツルツルではなく、
ザラザラという感じです。




総合的に見ると、
結構いい宿だと思います。






宿泊した別館には、貸し切り風呂があります。
露天風呂二つ、下左と下中央。内風呂二つ、下右。

翌朝、大浴場は男女入れ替わり。こちらの方が広い。下二枚、内湯。

食事に関しては、料金が安いので、多くを望んではいけません。
まあ、頑張っていると思います。
時間が経ち、献立表もなかったので、細かいことは忘れました。