長湯温泉 大丸旅館

back
ホーム

料理は、予想外にと言っては失礼ですが、
見た目も素晴らしく、美味しいものでした。

お皿は、全て竹田焼、
近くに、呂人窯、と言う工房があります。

長湯温泉は、大分県の竹田市直入町にあります。
西隣が久住町、その西は熊本県です。

一時期、日本一の炭酸泉、と言われていましたが、
数値的には「日本一」ではないとの指摘があり、
今は、世界有数の炭酸泉、というような表現になっています。

大丸旅館は大正9年創業の老舗旅館です。
与謝野夫妻を初め多くの文人が投宿したそうです。

上の写真、本館、中央辺りが玄関、
右上の写真、左奥が創業当時の建物を復元した藤花楼。
左の写真、川の方からの本館外観。
下2枚、本館、浴室棟、藤花楼。

お風呂は、内湯(下の写真)と
露天風呂(下の写真の右奥、右下の写真)、
小さな貸し切り風呂(二段下の左の写真)、
更に小さな貸し切り風呂(二段下の中央と右)が二つ、
本館8室、藤花楼7室なので、内湯の大きさを考えると、
満室の時はどうなのか、という気がします。
風呂付きの部屋が2室あり、外湯もあります。外湯についてはこちら

朝食も十分なものでした。

お粥が美味しくておかわりをしました。
白ご飯もまた美味しく頂きました。







これで、一万三千円ちょっと、
なかなかいいと思います